転職時期

転職の転機を迎えた女性の中には「今の会社に勤めながら次の転職先を探すべきか?まず辞めてしまってから転職活動に専念すべきか?」と悩む声をよく聞きます。結論からいえば、基本的には仕事をしながら転職活動をした方がメリットは多いはずです。企業は「前職からのブランクが出来るだけ短い人の方が、仕事感覚が鈍っていなくて良い」と考えます。ビジネスの現場は刻々と変わっています。オフィスで使用されるパソコンのソフトがバージョンアップされ変わっていくように、技術や仕事の流れはどんどん進化しているからです。ブランクをおかずに転職活動をすることが基本と考えてください。

そして、転職活動において選考で重視されるのは経験と能力です。面接では必ずと言ってよいほど、「前職でどんな仕事をして来ましたか?」と聞かれます。このことを考えると、退職ギリギリまで「今の会社でできる限りのことを身に付けるぞ」という気概が、面接などに良い影響を与えることも多いはずです。

また、給料という収入を確保されているという点も、働きながら転職活動をする大きなメリットです。現在在職中で給料があるというのは、面接において精神的にも有利です。無収入というのは意外と大きな精神的プレッシャーになります。1、2ヶ月なら乗り切れるかもしれませんが、それ以上続き、さらに転職先が決まる見込みがないと辛くなってきます。この辺りの経済感覚は、一般的に男より女の方が優れている場合が多いです。きちんと生活に掛かるお金を考えて行動しましょう。

逆に「まず辞めることが良いかも」という場合のあるでしょう。女性の場合、社内でセクハラを受けているなど、精神的なものを含めて体調の悪化など考えられる場合もあります。すべての人が仕事を続けながら転職活動をすることが最善とは限りません。また、中途採用募集の期間が短い場合も多く、採用する側も応募する側も時間勝負という場合もあります。求人広告が出てから応募書類送付の締め切りが1週間以内、即面接ということもあります。自分に合いそうな会社が見つかった時に機敏に対応できるのは、フリーの立場の人だったりもします。いずれにしても、自分とってどちらが最善か熟慮して決めましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。