ブランクについて【面接テク】

転職・再就職活動の面接でテクニックを1つ紹介します♪ブランクについて聞かれた場合の答え方です。

女性の場合、ブランクを抱えた環境を持つ方も多いと思います。面接での答えを考えておきましょう。

ビジネスの現場は日進月歩、日々変化しています。オフィスで使われる機器、パソコン、仕事のやり方も変化しています。

ゆえに、仕事のブランクが長い人に対して、企業としては、
「すぐにビジネス感覚を取り戻せるだろうか?」
「本当に会社の戦力になるのか?」
と気に掛けます。

女の場合は出産や育児などの事情もありますし、ブランクが長い理由も様々でしょう。転職・再就職活動がうまく行かない人もいるでしょう。

どんな環境であっても、ブランクについて聞かれたら、前向きな理由を述べてください。

たとえ長いブランがあっても、その期間、仕事に関して、いかに有効に過ごしてきたのか?を説明するようにします。

情報収集を怠らなかった、資格を取得するために勉強をしていた、通信教育を受けていた、業界の勉強会に参加していたなど、前向きな姿勢だったことを話すようにしましょう。

女性に多い注意点として、「学校のPTAをやっていた」「町内会の自治会で貢献した」などビジネス以外のことをアピールする人がいますが、これはかえってマイナスの評価になってしまいます。

「ビジネス感覚が鈍ってしまった・・」とも判断されてしまうので注意しましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。