パティシエの仕事

女性の中にはケーキ好きな方が多いと思います。。
そのケーキや洋菓子を作る仕事、
職人さんのことを"パティシエ"と呼びます。


パティシエは、もとは男性社会だったのですが、
最近では女性の進出がめざましく、
半数以上が女性であるとされています。


最近のスイーツブームの中、
パティシエは一流ホテルや洋菓子専門店などで高い求人があります。


パティシエになるためには、
洋菓子店に弟子入りして、そこからお菓子作りについて一から学ぶ方法しかありませんでした。


しかし、最近では、調理師専門学校の製菓部門、製菓の専門学校などで勉強し、
その後、洋菓子店で修行を重ねるのがパティシエへの道です。


パティシエの作業工程は生地作りから仕上げまで、
いくつかに分類されていて、殆どのお店では担当が決まっています。


・ 生地担当
ケーキの土台となる、大切な生地を作る重要なパートです。
一定のキャリアと正確な技術が必要です。


・オーブン担当
生地を焼き上げるパートです。
生地の性質によりオーブンの温度や、焼き加減を調節しなければいけません。


・仕上げ担当
クリームなどを作って、焼きあがった生地を組み立てて仕上げていきます。
デコレーションのセンスが非常に大切になります。


・グラシエ
シャーベットやアイスクリーム作りのパートになります。


お菓子作りは職人技です。
学校で学んだからといってすぐに活かせるわけでもなく、
実際の現場での勉強が大切す。


洋菓子店では、「教えてもらう」という受身の姿勢ではなく、
「技を盗む」といった姿勢で取り組むことが必要ですね♪


お菓子好きなら、
好きなことを仕事とできる充実感も得られるでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/98588079
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。