消費生活アドバイザー

近年、自分のキャリアアップや転職のために資格と取得する方が増えています。「消費生活アドバイザー」を紹介します。この資格は経済産業大臣認定の公的資格で「企業と消費者のパイプ役」と言われています。。消費者と企業または行政等のかけ橋として、消費者の意向を企業に反映させるとともに、消費者からの苦情相談などに対して適切なアドバイスができる人材を養成する目的で、昭和55年に第1回目がスタートし、合格者も1万人を超えました。年に一度実施され、例年10月に第一次試験(筆記試験)、11月に第二次試験(論文、面接)が行われます。合格率は19.1%(平成17年度)という20%を切る難関ながらも合格者の約半数を女性が占める資格試験です。合格後、実務経験がない場合は実務講習を経て、消費生活アドバイザーの称号の付与されることになります。消費生活アドバイザーは(財)日本産業協会が実施する資格です。すでに25年の歴史を持ち、これまでの合格者の約65%が女性。特に20代、30代の女性が合格者の約半数を占め、キャリアアップ、転職、結婚後・出産後の仕事への再チャレンジなど、女性の働き方が多様化する年代を支える資格の一つと言えます。

「消費生活アドバイザー」は、実は女性にとりに一番身近な資格かも!「この商品やサービスは、もっとこうだったら便利なのに…」といった、普段の暮らしで感じる疑問や考えを、あなたのキャリアアップ・転職に生かすチャンスを広げる魅力のある資格です。試験合格者の60%以上が20代40代の女性という消費生活アドバイザーです。

■資格受験資格
・ 年齢、性別、学歴等にかかわらず、どなたでも受験可能。
・ 2次試験不合格者は次年度の試験に限り、1次試験が免除される。

■試験内容
<1次>
・正誤法、補充法などによる択一式
(1) 消費者問題
(2) 消費者のための行政・法律知識、行政知識、法律知識
(3) 消費者のための経済知識
経済一般知識、企業経営一般知識、生活経済、経済統計と調査方法の知識、地球環境問題・エネルギー需給
(4) 生活基礎知識、医療と健康、社会保険と福祉、余暇生活、衣服と生活、食生活と健康、住生活と快適空間、商品・サービスの品質と安全性、広告と表示、暮らしと情報
<2次>
・論文
(1) 4題の内1題を選択し、解答する。
1.消費者問題
2.行政知識
3,4.法律知識(2題)
(2) 4題の内1題を選択し、解答する。
1.経済一般知識
2.企業経営一般知識
3.生活経済
4.地球環境問題・エネルギー需給
・面接
一人15分程度の個人面接(面接官3名)

ピチピチ女子大生よりのキャリアのある女が強い!

「ステップアップ」、「収入アップ」というポジティブなアメリカ転職ライフの影響を受け、日本でも転職に対する抵抗感を持つ人は少なくなりました。ところがバブルがはじけたとたんにリストラ、倒産のオンパレード。テレビでは「完全失業率、X%」という見出しのニュースが流れ、働きたいのに仕事がない人が増えました。有効求人倍率も約0.5倍となり、仕事を求める人の2人に1人しか職がない状況です。ここ数年、失業率の増加が最も多いのが男性の正社員と言われています。今まで高給取り、安隠に構えていた男性達が相次いで正社員から脱落する世の中になりました。また、ピチピチの女子大生達がピチピチぶりを発揮しても、なかなか職にありつけない時代になりました。そうなると、「もうピチピチを過ぎた大人の女が入り込む隙間なんてないのでは?」と思われる方もいるかもしれません。でも、安心してください。企業がほしがっているのは、オジ様でもなく、ピチピチ女子大生でもなく、キャリアを持つ社会人経験者の女性なのです。

そもそも、企業が正社員一人を雇うの企業が負担する金額をご存知でしょうか?なんと年間1千万円。給料だけでなく、社会保険、雇用保険、福利厚生などなどあるからです。結局お金のかかる正社員を雇うより、時給は多少高くとも派遣社員や契約社員の方が企業がほしがる場合が多々あります。今派遣会社が大賑わい。そして派遣、契約社員といえば、女性がめっぽう強い。男性社員にとり見栄とプライドが邪魔することもあります。だからこと女性の雇用が伸びています。派遣社員を入り口にキャリアを伸ばしていくのも女性の転職の道の1つです。

30代女性の転職サイト「Aヒューマン」

■30代女性の転職サイト
Aヒューマンは業界一流コンサルタントが
キャリアUPを無料サポート!
http://www.a-human.net/index.html

■プロフェッショナルな集団
人材紹介企業A・ヒューマンのコンサルタントは、すべて各分野での実務経験を持つプロフェッショナル集団。転職希望者の方のキャリアプランなどをきめ細かくお伺いし、業界経験に基づいた的確なアドバイスを行います。コンサルタントは、IT、メディカル、金融、自動車、流通、バイオなど、各業界で豊富な実務経験を持つプロフェッショナルばかり。そのため転職希望者の方のキャリアビジョンやスキル、仕事内容に関する悩みなどについて、業界経験に基づいた的確なアドバイスが行えます。

■転職希望者の方の新しい価値観を発見することを大切にしています。
「自動車セールスの経験があるからカーディーラー」「開発だからメーカー」というように、転職希望者の方に機械的に企業をご紹介するようなことはありません。これまでのご経歴や今後のキャリアプラン、仕事内容に関するご希望などをきめ細かく伺った上で、転職を希望される業界や企業をご紹介していきます。また、面談を通じて転職希望者の方も気づいていない強みや人間性など、ご本人の新しい価値を発見していきます。

■人事戦略セミナー開催を通じて企業の採用動向をいち早く把握.
クライアント企業の人事担当者が業種・業界を超えて自由に交流できる場として、業界で初めて『人事戦略セミナー』を開催しました。これにより人事制度や組織活性化、教育研修の見直しなど、お互いの良い面を取り入れることができると考えています。
こうした機会を通じて企業との信頼関係をより強固なものにすることで、いち早く企業の採用動向をキャッチすることもできるのです。

(引用:株式会社A・ヒューマンのホームぺージ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。