採用担当者の目にとまる履歴書

目を通す時、真っ先に目が行くの『写真』です。写真だけが履歴書の中でビジュアルに表現できる部分です。女性としての清潔感、健康、誠実さが表現された写真を使うようにします。時間がなくてもスピード写真は避けて、写真店で撮影したきちんとしたものを使用しましょう。どんなに記述項目が完璧でも、いい加減な写真はそれだけで不採用とされてしまいかねません。写真代を倹約してチャンスを逃さないようにしましょう。次に目が行く項目は、「志望動機」と「退職理由」です。ここも最優先に見る担当者が大半です。転職者の中途採用に関しては、これまでのキャリアやスキルを重要視されます。採用担当者はこれらを志望動機と退職理由から読み取ろうとします。ゆえに、この2項目では、しかっりと自己PRを盛り込むことが大切です。

但し、どの項目も熱意を伝えたいあまりに長々と文章を連ねる書き方はダメです。相手に伝えたいことをまず先に書き、後で簡潔にそれを説明し、文章にメリハリをつけるようにします。担当者に最後まで読ませることを心掛けます。また、履歴書でさわりの部分を書いて興味をを持たせ、面接で詳しく説明するという書き方もあります。現状として企業の採用担当者も、簡潔にポイントが絞ってある履歴書以外は、目を通す時間がない場合が多々あります。今まで仕事から身に付けたキャリアやスキルを具体的にアピールしながら、志望先の企業に熱意が伝わるように文章を工夫しましょう。転職活動成功のポイントの1つです。

履歴書の書き方/オリジナリティについて

企業が求人募集を行なえば、山のように履歴書が届きます。応募する側としては、その山に埋もれないように、転職成功への第一歩として書類選考を通過する必要があります。そのためには、まず、採用担当者の目にとまる履歴書を書く必要があります。とはいっても色の付いたボールペンを使うなどを使うわけにもいきません。「会いたい」と思わせる的を得た内容を記入し印象付けることです。そのためにはメリハリのある履歴書にしたいのものです。すべての項目をビッシと埋めておけば良いというものではありません。自分なりに工夫しオリジナリティが必要な項目と正確に簡潔に記入するだけで良い項目を区別し、記入内容を使い分けます。

まずオリジナリティが必要なのは、「志望動機」と「退職理由」の2項目です。採用担当者はこの2つの項目で採否を決定していると言っても過言ではないと思います。ゆえに、この項目に伝えたいことの8割を盛り込むようのします。上記以外の項目「趣味・特技」「長所・短所」などは、志望動機や退職理由を裏付け的な存在です。ウソなく事実を書けば良い。ただ本人希望欄は、うまく使えば自己PRができる項目です。もし記入することがないのなら、簡潔は自己PRを入れて印象付けましょう。以上のことを頭に入れて、自分の主張できるメリハリのある履歴書を完成させ、転職活動をスタートさせましょう。

女の転職/履歴書の写真撮影の身だしなみ

女性の場合の履歴書の写真の撮影についての注意事項を説明します。企業採用担当者が履歴書の中で真っ先に目が行くの『写真』です。そして、写真だけが履歴書の中でビジュアルに表現できる部分です。転職活動を優位に進めるためにも女性として細かいところに気を付けたいものです。
■服装
透ける生地、レースやフリルを多用した服装は転職ではNGです。ビジネススーツに準じた、濃い色のカッチッとした服装を選びます。アクセサリーは避けるのが基本。ピアスも目立たないものにしましょう。
■髪型
額、眉、頬が隠れたり、長い髪を肩の前に出すのはNG。全体にボリュームを抑え、キリっとした雰囲気にまとめます。髪を染めている女性も多いと思いますが、その場合は、色は瞳の色より淡く写らない程度が許容範囲です。
■メイク
ノーメイクは避けます。ファンデーションも普段よりやや厚く塗り、首の方までぼかし伸ばします。モノクロなら、口紅は濃い色のもの選びます。アイラインやアイブロウもメリハリ感が出るようにしましょう。
■表情
鏡を見て表情を研究しましょう。キツく無愛想に見える人は、瞳で笑うように心掛けます。ダレた印象があるなら奥歯をかみ締めて口角を上げ気味にします。顎は突き出さないように心持ち引きます。また常時のメガネ着用が避けられない人を除く、できればコンタクトレンズか裸眼での撮影がおすすめです。女優になった気分で自分の表情を鏡で研究してみましょう。転職活動成功へ向けて一歩ずつ進めましょう。

転職の履歴書の書き方の基本

履歴書の中の志望動機は採用担当者がもっとも注目する項目の1つです。自分の言葉で自分だけの志望動機を書いて、他の応募者に差をつけたいところ。まず、明確にしたいのは、自分がその会社へ入社してやりたい仕事です。女性は目的意識を持った方が多いので、自分の希望する仕事を明確にしやすいと思います。もし考えてみても、「何をやりたいのか具体的にイメージできない?」のなら、とりあえず自分が何が不満で転職をしたのか?転職をしようとしているのか?を考えてみましょう。例えば、「生命保険の販売業務」への転職をしたいのであれば、現状の不満が「事務作業のマンネリ化した毎日が嫌だった」点に気付き、やりたい仕事は「自分で新しいことに創り出す仕事」と考えを発展させる。こうすることで、自分の中にある志望動機が見えてきます。

次に考えたいのは、こうして考えた「やりたい仕事」をより具体的にしておくことです。「御社の社風がポジティブな私に合っています。」のような抽象的な表現は、企業側は聞き飽きています。履歴書の志望動機を上手く書くコツは、「御社の○○に共感しております。私の○○経験が生きると考えました・・・。」というような感じで、志望先企業と自分が結び付く点を探し、エピソードを交えながら具体的に書くことです。すると採用担当者も貴方と企業の接点がイメージできて納得しやすい。履歴書の志望動機は「どれだけ相手にイメージ納得させられるか」が鍵です
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。